教材を自由に掲載でき、大規模でもスムーズに運用できるeラーニングのLMS(ラーニング・マネジメント・システム)であり、組織の生産性・品質向上をサポートするPSS(パフォーマンス・サポート・システム)です。初めての人もすぐに操作できて迷わず、管理者も受講者も楽々。簡単さ、自由さ、軽やかさが自慢です。

オール優は、主に企業での業務をサポートするシステムとして導入いただき、これまで述べ70万人以上のユーザーにご活用いただいております。

オール優の特徴

図1.png

オール優の活用シーン

01_社内研修.jpg

社内研修

情報管理、セキュリティ対策、コンプライアンス、個人情報保護、製品/商品情報、他社競合事例などの業務知識、新入社員・中途入社者向けの社内研修に活用できます。全社一斉、グループ単位による研修と管理も容易です。オール優を利用すると、「効率的な人材育成、ナレッジ共有、組織のパフォーマンス向上」に結びつきます。

02_教育支援.jpg

業務支援

業務・専門知識習得のための資料を配布したり、資格制度のテスト対策など、教育支援ツールとしても有効に活用できます。

03_リスクマネジメント.jpg

リスクマネジメント

ハラスメント、メンタルヘルス(ストレスチェック)、ソーシャルリスク問題、組織の適切な管理体制調査などには、オール優のアンケート機能が最適です。オール優は完全匿名での回答提出にも対応しているため、記名での提出や対面では得にくい生の声を収集できます。

代理店研修・管理

代理店研修・管理

代理店制度で必要な研修、教育、点検、運用管理、アンケートにオール優を活用できます。オール優では1万店以上の代理店(5万人以上の受講者)のご利用実積がありますので、大規模人数での安定運用も実現可能です。

オール優 ユーザーアカウント

オール優は、2種類の管理者と受講者の3種類のユーザーアカウント権限を使い分けられるため、運用の負担が全体管理者に一極集中することはありません。各区分の管理者が役割分担しながらスムーズに運用可能です。

システム管理者

部門情報・コンテンツ管理者・受講者の登録・管理、コース作成・開講期間などの管理、受講者のコース認証管理などを行います。

コンテンツ管理者

システム管理者が作成したコースに、教材や参考資料の掲載、テストやアンケートの設定を行います。受講状況や結果の確認、受講促進などもコンテンツ管理者の役割です。

受講者(所属長権限)

一部の受講者に対しては、部門の管理機能である所属長権限を付与できます。所属長権限では、受講者の学習進度の確認、受講促進メールの送信が可能です。

オール優のシステム

主な機能と特徴

リアルタイム受講状況管理

受講状況は管理者や所属部門長がリアルタイムに確認できます。受講終了日、属性などの詳細検索にも対応しており、未受講者への督促も簡単です。リマインドメールを事前設定しておくと、指定日に未修了者を自動で検索してメールを送信できます。
その他、詳細な受講状況、テスト/アンケート結果の履歴のデータダウンロードにも対応しています。

柔軟なグループ/ユーザー管理機能

組織・所属部門受講者の属性やID区分などの名称はコードマスタ設定で自由に変更できるため、組織にあわせたデータ管理を自在に行えます。
所属部門は単一のグループではなく、多階層で登録管理できるため、組織の形態にあわせた運用が可能です。
また、各データの登録と更新は、CSVファイルでの一括登録・上書き・書出しに対応しています。

多彩な教材・コンテンツの組み合わせ

パワーポイント資料、Flash/HTMLで作成したリッチコンテンツ、テスト(択一選択、複数選択、正誤、穴埋め形式、制限時間・受講回数設定に対応)、アンケート(択一選択、複数選択、穴埋め形式、記述形式、親子設問、匿名提出に対応)を自由に組み合わせてコースを設定できます。

動画配信対応

コンテンツは、テキスト・テスト・アンケートを自由に組み合わせて配信できます。 テキスト教材には、静止画像、MP4、HTML5、Flash、PDF、YouTube、動画配信サービス※など、様々な形式のコンテンツを利用できます

※Jストリーム社のサービス「Equipmedia」をご利用いただけますが、
別途Jストリーム社との契約が必要です。

オール優 機能一覧(2019年現在)

推奨動作環境

Windows Windows 7,8.1,10
Mac MacOS X 10.9以上
iOS iOS 9以上
Android Android 6.0以上

Adobe Flash Playerがインストールされていること(Flashコンテンツ利用の場合)
javascriptが有効であること
Cookieを受け入れる設定であること
ポップアップを有効にできること(コンテンツによっては、一部ポップアップ表示を利用します)
※すべての端末・環境での動作を保証するものではありません。

Webブラウザ

Internet Explorer
Edge
Firefox
Chrome
Safari
※すべてのバージョンでの動作を保証するものではありません。